B.Earth Maker・Multi Cleanシリーズ

各燃焼処理方式の特長を生かし、複数のパターンでの組合せで構成が可能

1.燃焼処理方式比較表

No 燃焼方式 助燃料 VOC分解効率 熱交換器効率 処理温度 除去性能 処理物質選択性 燃料消費量 最低自燃濃度(トルエン) 適用VOC濃度範囲 設置面積/重量 長所 短所
回転蓄熱燃焼法(RTO) ガス/軽油 98%以上 80~95% 800~950℃ 600ppm 低~中 中/小 ・高温燃焼が可能な為分解効率が高い
・広範囲な濃度領域で低燃費処理が可能
・熱交換率が高い為低燃費処理が可能
・蓄熱体の閉塞成分(タール、粉塵等)の場合、前処理が必要
Ⅱ・Ⅲ 回転蓄熱触媒燃焼法(RTO) 電気
ガス/軽油
98%以上 80~95% 350~400℃ 600ppm 中/中 ・低温燃焼が可能
・熱換率が比較的良い
・触媒劣化があり、適用条件に制約有
触媒交換費用が高い
直接燃焼法 ガス/軽油 100% 50~60% 800℃以上 大/中 ・イニシャルコスト小
・付着性物質含有ガスに対応可
・全てのVOCに100%対応
・低濃度域では燃費大
・熱効率が低い

2.マルチパターン製品紹介

当社B.Earth Maker・Multi Cleanシリーズのパターン別処理フローの紹介

Ⅰ.回転式RTO方式/助燃料:ガスまたは軽油

①被処理ガスは吸気ファンでRTOに供給されます。
処理の流れは、RV入口→分配室→入口側蓄熱体→燃焼室炉内(酸化ゾーン)→出口側蓄熱体→分配室→RV出口となります。
②蓄熱体を通過する際に熱交換され、燃焼室の温度近くまで昇温されます。
③燃焼室では800~950℃で熱分解されます。
④排気側蓄熱体を通過することで熱分解された排ガスは入口温度に近い温度まで蓄熱体で熱交換され、無臭化されたものが排出されます。
特徴:VOC全般汎用的に使用でき、臭気ガス600ppm以上ではほとんど助燃料を使用せず、自燃することができます。

Ⅱ.回転式RTO触媒方式/助燃料:電気

①被処理ガスは吸気ファンでRTOに供給されます。
処理の流れは、RV入口→分配室→入口側蓄熱体→燃焼室炉内(酸化ゾーン)→出口側蓄熱体→分配室→RV出口となります。
②蓄熱体を通過する際に熱交換され、燃焼室の温度近くまで昇温されます。
③燃焼室では350~400℃で触媒酸化反応をし分解されます。
④排気側蓄熱体を通過することで熱分解された排ガスは入口温度に近い温度まで蓄熱体で熱交換され、無臭化されたものが排出されます。
特徴:低温で処理でき、また火を使わないで使用できるのでガス等の燃料が手に入りにくい等の場合に電気を使用して対応出来ます(塩素、硫化水素の触媒毒に注意が必要です。

Ⅲ.回転式RTO触媒方式/助燃料:ガス

①被処理ガスは吸気ファンでRTOに供給されます。
処理の流れは、RV入口→分配室→入口側蓄熱体→燃焼室炉内(酸化ゾーン)→出口側蓄熱体→分配室→RV出口となります。
②蓄熱体を通過する際に熱交換され、燃焼室の温度近くまで昇温されます。
③燃焼室では350~400℃で触媒酸化反応をし分解されます。
④排気側蓄熱体を通過することで熱分解された排ガスは入口温度に近い温度まで蓄熱体で熱交換され、無臭化されたものが排出されます。
特徴:低温で処理でき、また燃料費を低く抑えることができます。(塩素、硫化水素の触媒毒に注意が必要です。

Ⅳ.直接燃焼方式/助燃料:ガスまたは軽油

①被処理ガスは吸気ファンで燃焼炉内に供給されます。
②燃焼室では800℃以上で熱分解されます。
③熱分解された後、無臭化されたものが排出されます。
特徴:VOC等で閾値が小さく、RTOの分解効率が98%以上でも悪臭を感じるアンモニア、硫化水素等も100%処理することができます。
※一品での製作の場合はRTOを除き熱交換器・排熱ボイラーをオプションで追設できます

各燃焼方式の特徴を生かし自由な組み合わせが可能な脱臭装置

Top